⑥免許取得してからエリーゼを購入するまで~うろ覚えマイヒストリー♪決断♪

さて、ボディのモデファイからWRCサウンドを再現する為のエキゾースト音計画も
計画中の我らの私の青い稲妻インプレッサ。

まず、車幅変更に伴う構造変更届け・・・ああ、めんどい・・。
なとか規定範囲内に収まるようにとどめなければ・・。
WRヘッドライトに、ボンネットにウイングも交換ですよ。
外見だけではだめです。リアシートは取ってしまいロールケージです。
ヘルメット入れるネットもぶら下げたいですね(笑)ああ、でも
こんな仕様では、あきらかに日本のラリーに出れませんよ・・。。。

と、こんな計画を練る時は本当に楽しいですね。
で、見積もり結果・・・た・・高い・・がやるきまんまんの私。
こんなんじゃホテルの食事とかいけないじゃんと、ぼやく妻。

話は同時に進行しておりましたが、我が家ではなかなか子供が出来ませんでした。
それはもう、もう病院いっとこうかなぁ?と思ったくらい。
いっそうのこと、子供作らず夫婦で稼いでお互いの楽しみや
個々の趣味を楽しむ人生もありか??
などという意見もありましたね。

もちろんそういった場合、住まいの広さから住まいの場所、それから乗る車の種類も
大人だけの考え方で選んでOKなわけですよ。
そんな人生もアリかも・・・・と少子化に拍車をかけるような発想を・・・

正直申しまして私的にインプレッサが最高の車としては
とらえていませんでした。もちろん、今まで乗ってきた車達もそうです。

誤解が無いように、補足
私にとって最高ではないということです。
世界的に見ても、インプレッサやスカイラインなどは常用できる乗用車としては
最高の出来でしょう。乗れば判ります。
(快適性能は△ですが・・)

なぜそんな事を思う様になったのかと申しますと、知り合いのバイク乗りの影響でしょうか。
バイクは究極的に趣味性の高い乗り物だと。基本的に一人で乗ることを想定されてますからねぇ。
武士の馬が現代人の車だと(オイオイ・・・)
暴れ馬(バイク)乗りにならないでね、と伝えて起きました(^^;

しかし、これを真剣にとらえて、これを車に求めるとどうなるか。

屋根が開けられて、気軽に乗れて、人間に媚びない車。

そこで、エリーゼです。(スーパーセブンももちろん検討しましたよ実は・・)
98年頃でしょうか?
ロータスからエリーゼが発表になったとき、既にあの時にものすごく欲しかったですが、
どちらかというと、もっと運転経験増やしてからでないとかっこわるいなぁと。
欲しいけど、まだ憧れにしておこう!といった感情でした。

今回はコレを狙います(笑)だいぶ運転時間や距離は経験しましたし。
運転上手な人からみれば下手ですが、下手な人からみれば上手な筈なので・・
(意味判らん!)

そこで、インプレッサの改造費の見積もり・・・を奥さんに見せる前に、
カタログもらいにロータスへ。
価格表もGETして、さて改造費見積もりとカッコイイエリーゼのカタログ
を奥さんに・・・。

・・・意外とあっさり、じゃ車見に行って試乗しましょうというお話に。。
あまりにもバカな旦那にあきれたんでしょうかね・・・。
万が一嫌われて離婚理由にされたら裁判で勝てませんので、奥さんへのご奉仕はいっぱい
してあげないといけません(笑)
それにしても、どういうわけか「かわいいね~」とか「色が色々あっていいね~」とか。。。
車の内容が意外とスパルタンなのはやはりカタログだけでは判断できないようです。
・・・あ、でもイカレタGT-Rで一緒に旅行した夫婦だから平気かな・・??
そんなこんなで、夫婦そろって、イチロ日産ロータスへ!!

試乗予約を入れたロータスディーラーさんで待っていた物とは!!
私の予想を超えた衝撃が・・・


別冊宝島 「WRC世界ラリー選手権2005」

"⑥免許取得してからエリーゼを購入するまで~うろ覚えマイヒストリー♪決断♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント